パン×具材で、おいしさ無限大! サンドフルレシピ
INDEXへ戻る
チョコクリームフルーツサンド
ミッシュブロートとフルーツのほどよい酸味がチョコ味のホイップクリームにマッチします。バレンタインには、大好きな気持ちも一緒にサンドして。
ビターチョコやホワイトチョコをホイップクリームに混ぜたり、いちごやバナナなどをサンドしてもおいしく作れます。ピスタチオをアーモンドやくるみにかえたり、お好きな組み合わせをたのしんでくださいね。

RECIPE レシピ

<材料>2個分
ミッシュブロート(スライス)
4枚
オレンジ
1個
板チョコ
1枚
ホイップクリーム
200ml
ピスタチオ
適量
※ホイップクリームは市販のものを使用。
生クリームを8分立てに泡立てて使ってもOK!
<作り方>
1.
オレンジは皮をむき、実を取り出す。
2.
チョコは細かくくだいて耐熱カップに入れ、ラップをかける。600Wのレンジで1分半〜2分加熱し、溶かし混ぜる。溶けない場合は様子を見ながら10〜20秒ずつ追加熱する。
3.
ホイップクリームに2を2、3回に分けて加え、なじむように混ぜる。
4.
ミッシュブロートに3をのせ、1のオレンジを並べて、さらに3をのせる。
5.
粗みじん切りにしたピスタチオをふり、ミッシュブロートでサンドする。
今回のレシピにおすすめのパン
ミッシュブロート

ドイツで生まれたライ麦パンのひとつで、小麦粉とライ麦粉を同量ずつ使ったパンの総称です。ライ麦が入る分、ずっしりと重く、特有の酸味が感じられます。薄くスライスして、お料理に添えるのが基本の食べ方。

パンにまつわる基礎知識

レシピ制作
野口英世
/日本パンコーディネーター協会公認 パンコーディネーターエキスパート

パンコーディネーターエキスパート、フードスタイリストとして、テレビや新聞、雑誌、広告で活躍中。無理や無駄のない、作り手重視の効率的なレシピとスタイリングアイデアで人気を博す。「毎日食べたい食パン」(柴田書店)では、パンのアレンジレシピとスタイリングを、「ツオップ伊原シェフに教わるぜったいに失敗しないパンづくり」(柴田書店)ではスタイリングを担当。

日本パンコーディネーター協会 SIMPLE STYLE