パンとお散歩をもっとたのしむために たのしさのレシピ 個性あふれるナビゲーターたちが、オリジナルのレシピをエッセイとともにをお届けします。
ラスク

渡辺康啓

今回のたのしさナビゲーター
渡辺康啓 / 料理家

COMME des GARCONSにて働き、独特の美意識を学ぶ。2007年、料理家として独立。東京・二子玉川にスタジオを構え、料理教室をメインに、さまざまなアプローチでおいしいものを提供中。料理を通して、美しいものを表現するということを考え続けている。

Yasuhiro Watanabe web

たのしさのレシピ一覧へ

ラスク

おやつにもおつまみにもなるラスク。

季節はすっかり冬になりましたね。

冬のお散歩も良いもので、雪の積もる私の地元では、
いつもの風景が一面真っ白になり、
静かで(雪は音を吸収します)心落ち着くものです。
子供のころは、かまくらが作れるくらい庭に雪が積もっていたので、
かまくらの中でろうそくを灯してお茶を飲んだりしました。

冬のお散歩パンしよう!では、
そんな事を思い出しながらラスクを作りました。
ラスクは甘く作ればおやつになるし、
しょっぱく作ればおつまみにもなる便利なものです。保存もききますね。

今回は、コーヒーや紅茶にミルクを入れて、
ちょっと甘さをつけたものをポットに入れて、
甘いラスクと一緒に外で楽しんでみてください。
寒い季節は、湯気の立つ甘い飲み物が美味しいものです。

シンプルなレシピで作っているので、
ベースのバターにニンニクと胡椒を効かせても
美味しいおつまみになります。

おつまみのラスクの時は、
クラムチャウダーやコーンポタージュなどのスープを外に持ち出して、
砕いてクルトンの様にスープに乗せて食べてもいいですよ。

人が集まる事も多いこの季節、手作りのラスクを持って集まれば、
パーティーが盛り上がる事も間違いなしです。

ラスク

<材料>

無塩発酵バター 25g
グラニュー糖 15g
薄切りのバゲット 適量
ラスク

<作り方>

  1. 1.バゲットは150℃に予熱したオーブンで15分ほど焼いて冷ましておく。
  2. 2.バターを常温に戻し、グラニュー糖と混ぜて固めのクリーム状にする。
  3. 3.1に2を塗り、再び150℃に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

※左はさらにシナモンをかけて焼いたもの。色々アレンジしてみてください。