誰でも簡単!知っていると役に立つ パンを使った基本レシピ お料理が苦手でも大丈夫!いろいろなパンのたのしみ方をマスターできます。

残ったフランスパンをおいしく食べる方法

残ったフランスパンをとびきりおいしくいただく方法を紹介します。

バゲットが残ったら、迷わずラスクに。おやつにもおつまみにもなります。 シュガーラスク
Recipe:
バターとグラニュー糖を混ぜ、薄くスライスしたパンに塗ってカリッとするまで焼く。
ガーリックラスク
Recipe:
バターに塩、おろしにんにく、ドライパセリを混ぜ、薄くスライスしたパンに塗ってカリッとするまで焼く。
Point:
薄くスライスすれば、カリッと軽い食感に仕上がります。
2種類作るときは、香りが移るので別々に焼きましょう。
硬くなったパンだからこそおいしくできる、パンで作るイタリア風のおかゆ。 パッパ・アール・ポモドーロ
Recipe:
にんにくをつぶしオリーブオイルで薄く色がつくまであぶる。
ホールトマトを(あれば生トマト)を加え10分煮込む。
ブイヨン(無ければ水)を同量加え、古くなったパンを加え再び煮込む。
Point:
「パッパ」は「おかゆ」、「ポモドーロ」は「トマト」の意味。
トスカーナ地方に伝わる料理です。
上に戻る
Column パン食系女子の日常

彼氏と喧嘩パン食系女子 パッパ・アール・ポモドーロを作って仲直りのきっかけにする。

彼は絶対、怒っている。

全然気にしてないよ、といいながらも
朝から私と顔を合わさずにソファで小説を読んでいる。

私にはわかる。
彼の唇が微妙にこわばり、前に出ているのを。

その口元が
彼の怒りが今も静まってないことを証明している。
朝から曇り、気温もあまり上がらない。
寒さと気まずい雰囲気が二人の部屋を包む。

何より、空腹は怒りを増大させる。

昼前のこの中途半端な時間には
ブランチとして
パッパ・アール・ポモドーロを作る。

弱火ですりつぶしたニンニクを
オリーブオイルでゆっくりと炒める。
時間をかけて、ニンニクの香りをオイルに染み込ませる。
ホールトマトとブイヨンを加え、煮込んだ後に
ちぎったフランスパンを入れる。

パッパ・アール・ポモドーロ
聴きなれない料理だけど、トスカーナで言えば
トマトのおかゆ。パンがお米と言ったところ。

初めて彼と話したバールで
おいしそうに食べていたのを、覚えているから
今日は作りたかった。

怒りの理由はわかっている。
昨夜の女子会があまりにも楽しく
家で待っている彼に、連絡をしなかった事。

満腹は平穏を取り戻させる。
食後には必ず笑顔の二人になれるはず。

そんな期待を込めて、彼に声をかける。

上に戻る

関連コンテンツ