誰でも簡単!知っていると役に立つ パンを使った基本レシピ お料理が苦手でも大丈夫!いろいろなパンのたのしみ方をマスターできます。

フランスパンとドイツパンを使ったレシピ

フランスパンとドイツパンを使ったレシピを紹介します。

食べきれなかったスープやカレーがごちそうに変身します。 スープボウル
Recipe:
ブールの上部をカットし、中身をくり抜いておく。温めたシチュー(またはスープやカレーなど)を入れ、あればパセリを散らす。
Point:
中身をくり抜いた後、溶けるチーズを敷き詰めて焼き底面を覆っておけば、スープのしみ込みを防ぐことができます。
ドイツパンで作る甘いサンドイッチ。おやつにぴったりです。 バナナとピーナッツバターのサンド
Recipe:
スライスしたパンを軽くトーストし、ピーナッツバター(粒入り)とバナナをはさむ。
Point:
ドイツパンの爽やかな酸味は、ピーナッツバターのコクのある甘さと好相性。
ドイツパンの苦手な方でもおいしくいただけます。
上に戻る
Column パン食系女子の日常

実家帰りパン食系女子 スープボウルを振る舞い一人暮らしの成長を親にアピール

みんなびっくりしていた。

私が実家にいる時は全く家事をしなかったから、

今日の晩御飯は私に任せてと言った時のみんなの顔。

今年の4月から親元を離れて都会で一人暮らしを始めた私。
冬休みはゆっくり実家で過ごすために帰郷している。

この半年ばかりで始めた料理。
わかったことは
しっかり計量すること、目分量は当てにならないこと、丁寧に作ること。

そして何より
お母さんの作ってくれていた料理が一番おいしいと言うことだった。

今日は家族のためにスープボウルを作る。

中には野菜たっぷりのミネストローネを入れる。
スープがパンの外に漏れないように スープボウルの中身はとろけるチーズで覆う。

冷え込む年末は、体の芯から温まるスープ料理にする。
年末の家族は暴飲暴食だから、
あまり肉は使わず、胃にやさしく仕上げた。
スープを食べ終えた後は、味が染み込んだ
パンの内側を崩しながら食べる。

自分ひとりで作るから!と
キッチンから母を追い出したのに 時々、こちらを覗き込んでいる。
父は黙ったまま新聞を読んでいるが
私にはこっそり様子を伺っているのがわかる。
さっきは兄が私の料理を当てにせず、
おやつを食べようとしているのを必死でくい止めた。

大好きな家族の事を考えて
少しホームシックになったときもあったけど
しっかり自立していることを両親に見てほしい。

まあ、待っていて。必ずみんなの
予想を裏切ってやるから。

上に戻る

関連コンテンツ