日清製粉グループ

ラムのクミン焼きとパクチーのバゲットサンド

クミンが香るラム肉にたっぷりのパクチー!大人のBBQにもおすすめのサンドイッチです。

ラム肉は強火で一気に焼き上げて、バゲットに豪快にはさみましょう。個性的な食材ばかりなのに、噛みしめるほどにそれぞれの味わいが見事に調和します。この味わいは食パンには受け止めきれないな、と思うんです。オトコマエなバゲットだからこそのサンドイッチです。

ここでは恥ずかしがらずに、大きな口を開けてかぶりつきましょう。そうそう、ビールも忘れずに!


今回の主役とおもな具材

今回の主役とおもな具材 今回の主役とおもな具材

材料(1人分)

バゲット
1/3本
バター(食塩不使用)
10g
ラム肩ロース肉(スライス)※1
100g
クミン(パウダー)
適量
塩、白こしょう
適量
パクチー
適量
ヨーグルトソース※2
大さじ1~2
塩レモン(あれば)
適量

※1 ジンギスカン用冷凍ラムロール(スライス)が便利。

※2 水切りしたプレーンヨーグルト200gにEXVオリーブオイル大さじ2と塩小さじ2/3、白こしょう少々を混ぜ合わせる。

作り方

  • ラム肉の両面に、塩、白こしょう、クミンを振り、全体に馴染ませ、よく熱したフライパンかグリルで焼く。
  • バゲットに切り込みを入れて断面にバターを塗り、1をはさむ。ラム肉の上にヨーグルトソースをかけ、ざく切りにしたパクチーをたっぷりのせる。あれば、粗く刻んだ塩レモンを少々のせると爽やかなアクセントになる。

※ページ上部の写真のように3等分に切り込みを入れると(切り離さない)、手でちぎることもでき、食べやすくなる。


おいしさのポイント

ラム肉とクミン

豚、牛、鶏と比べると、羊は家庭ではちょっとハードルが高い食材でしょうか?強い風味は好みが分かれますが、味つけを工夫するとその強いクセがハマるおいしさになります。最近はスーパーでもジンギスカン用にスライスしたものが売られているので、実は気軽にたのしめるんです。

クミンはカレーには欠かせないもので、これだけでぐっとエスニック感が出せる便利なスパイスです。ラム肉とクミンとの組み合わせは、モンゴルやアフガニスタンなど中東・中央アジアで親しまれているそう。私はアフガニスタン料理のお店で食べてから大好きになりました。これはバゲットに合うはず!と挑戦してみたら大正解!

クミンはホールのまま炒めると、より香りよく仕上がりますが、ここではあえてパウダーで簡単に。多過ぎるかな?というほど、たっぷり使うのがポイントです。

ラム肉とクミン

スタイリングと撮影のポイント

豪快サンドはあえてワイルドにはさむ!

具沢山の豪快サンドは、その「具沢山」ぶりを見せたいもの。ラム肉はキレイに並べてはさむより、ワイルドにもりっとはさみましょう。ヨーグルトソースも丁寧にかけるより、とろーりとしたソースらしさが伝わるように、少し垂らして見せたほうがおいしそう!丁寧過ぎるくらい丁寧に作ることで上品に仕上がるキューカンバーサンドとは正反対です。サンドイッチといってもいろいろですね。

豪快サンドはあえてワイルドにはさむ!

#シンプルイズザサンド