パンとお散歩をもっとたのしむために たのしさのレシピ 個性あふれるナビゲーターたちが、オリジナルのレシピをエッセイとともにをお届けします。
夏野菜とモッツァレラチーズのサンドイッチ

清水美穂子

今回のたのしさナビゲーター
清水美穂子/ジャーナリスト

パンとそのまわりの人々を取材、All Aboutで情報発信中。
Bread+something good(パンと何かいいもの)をテーマに関連企画のコーディネート、執筆多数。
著書『日々のパン手帖~パンを愉しむsomething good』他

Bread Journal

たのしさのレシピ一覧へ

夏野菜とモッツァレラチーズのサンドイッチ

サンドイッチを作って出かけよう。

ぽっかり予定の空いた週末は、相棒の犬を連れて、
それとも家族や友達を誘って、すぐそこの公園まで
サンドイッチを持って出かけよう。

好きなパンに好きなものを好きなだけ、
自分と誰かのためだけに、心をこめて、
それが家でつくるサンドイッチのいいところ。

トマト、ルッコラにモッツァレラチーズ。
陽気なイタリアンカラーにもうひとつ
ひっそりとつめたい紺色のナスも、かさねよう。

蒸し暑い季節、オリーヴオイルでトロリと焼いて
マリネしたナスは夏の感触。サンドイッチの名脇役。
準備しておけばすべては5分で仕上がる。
そう、たったの5分!

パンはもっちりしたチャバタ、小さなフォカッチャ、
カリっと焼いたイングリッシュマフィン、それとも、
軽やかな空気感のパン・ド・カンパーニュ。
どんなパンでも、お気に召すまま。
だってここは21世紀の日本だもの。
わたしたちは新しいパン食文化の最先端にいる。

イタリアの発泡水の壜に緑が揺れて、
いつものベンチからの眺めが、遠い旅先の風景に変わる。
わたしたちはいつでも、そこに行くことができる。

おいしいパンがあったら、サンドイッチを作って出かけよう。
そしてどうぞ、素敵なランチタイムを。

夏野菜とモッツァレラチーズのサンドイッチ

<材料>2人分

ナス 1/2本
トマト 4枚
モッツァレラチーズ 4~6切れ
ルッコラ 少々
オリーブオイル 適量
大さじ1
少々
黒コショウ 少々
パン 適量
夏野菜とモッツァレラチーズのサンドイッチ

<作り方>

  1. 1.ナスは縦半分にしてから7~8ミリの厚さに切り、塩水に10分ほど漬けてから、
    キッチンペーパーにのせて水気をとっておく。
  2. 2.フライパンを熱し、オリーブオイルをたっぷりひいてナスに焼き色がつくくらいまで火を通す。
  3. 3.ナスを保存容器に入れて塩・コショウし、酢をかけて冷蔵しておく。
  4. 4.パンにオリーブオイルを塗り、ルッコラ、トマト、ナス、軽く塩・コショウしたモッツァレラチーズを挟んでできあがり。

※酢は米酢(京都の千鳥酢がおすすめ)か、お好みのヴィネガーで。
※ナスのマリネはたくさん作って常備しておくと便利です。