誰でも簡単!知っていると役に立つ パンを使った基本レシピ お料理が苦手でも大丈夫!いろいろなパンのたのしみ方をマスターできます。

フランスパンの「脱・斜めスライス」なレシピ

フランスパンの「脱・斜めスライス」なレシピを紹介します。

鍋いらずの手間なしフォンデュ。とろーりチーズをからめてどうぞ。 カマンベールフォンデュ
Recipe:
チーズの表面をそぎ、耐熱皿にのせてオーブントースターで焼く。
少し溶けたらワインを加えてさらに焼き、滑らかになったらこしょうをふる。
スティック状にカットしたパンにつけていただく。
Point:
ワインを加えることでチーズのとろみが出て風味も増しますが、お子さんが召し上がるときは牛乳でも代用できます。
小さくカットしてこんな使い方も。パンをカリカリに焼くのがポイントです。 パンのサラダ
Recipe:
フランスパンを一口サイズにカットしてオリーブオイルで軽く炒める。
野菜をドレッシングで和え、パンを入れてパルメザンチーズをふりかける。
お好みで生ハムやオリーブを加える。
Point:
カリカリの食感を活かすために、パンを入れるタイミングは、野菜ドレッシングで和えた後で。
上に戻る
Column パン食系女子の日常

午前10時 休日はユックリ起床のパン食系女子 「パンのサラダ」を食べて午後の予定を考える。

休日は目覚まし時計をかけない主義。

一度7時頃に起きたが、
次に目を覚ました時は10時だった。
二度寝できる幸せ。

土曜の午前はこれが何よりも嬉しい。
平日の出勤時間が早いから
思う存分ゴロゴロする。

昨日の晩、友達と食べたイタリアンは
本当においしかった。
携帯で撮ったパスタを眺めてみたり
雑誌の「行列のできるパン屋特集」を
読んでいるうちにお腹が空いてきた。

1階のキッチンから
パンを焼いた、香ばしい匂いがのぼってくる。
お母さんが私のために遅めの朝食を
作ってくれているのだ。

あくびをしながら、1階へ降りて
お母さんの肩越しに作っている料理をのぞき込む。

小さくちぎったグリーンリーフとゆで卵をボールの
中に敷きつめ、ドレッシングとパルメザンチーズで
和える。ブロック状にカットしたパンはにんにくを
こすりつけ、オリーブオイルでカリカリに焼き、
サラダの上に盛付ける。

「パンのサラダ」の出来上がりだ。

「あなたもいい歳なんだから、
料理くらい自分で作りなさい。」

という非難はほっといて、おいしく頂く。
おかあさんの小言はどこかに置いておくけど、
感謝の気持ちは忘れてないから。

さて、今日は何をしようか?
暑気払いを兼ねて友達と、
この前雑誌で見つけたバールへ行こうか?
写真にはタパスが豊富だった。

午後はユックリと計画を練ろう。

上に戻る

関連コンテンツ