日清製粉グループ

LESSON
7

フルーツサンドイッチ講座バナナ&チョコサンド

一年中たのしめて、いつでもどこでも買いやすいバナナは子どもも大人もみんな大好き!サンドイッチにするならチョコとの組み合わせがおすすめです。チョコペーストは市販品を使ってもOKですが、手作りなら好みの味わいに調整できるのが魅力。ここではくるみを加えて食感をプラスしました。お好みでラム酒を加えると大人味に仕上がります。

バナナ&チョコサンドの作り方

材料(1組分)
角食パン(8枚切り)
2枚
チョコペースト※
30g
マスカルポーネ&生クリーム※※
30g
バナナ
1.5本
※チョコペーストの材料(作りやすい分量)
ビターチョコレート
(カカオ分60%以上)*
100g
生クリーム
(ここでは乳脂肪分42%を使用)
200㎖
無塩バター(一口大に切る)
30g
くるみ(ロースト)
30g
*カカオ分が少ないと、冷やしても固まらないことがあるため、カカオ分の多いビターチョコレートを使用しましょう。
※※マスカルポーネ&生クリームの材料
(作りやすい分量)
生クリーム
(ここでは乳脂肪分42%を使用)
200㎖
グラニュー糖
16g
マスカルポーネ
200g
はちみつ
16g
作り方
1. 1.

チョコペーストを作る。

  1. ① くるみは粗く刻む。
  2. ② 小鍋で生クリームを温め、沸騰直前に火を止める。
  3. ③ ビターチョコレートを加えて溶かし混ぜる。
  4. ④ 無塩バターを加え、全体がなめらかになるまで混ぜ合わせる。
  5. ⑤ 小鍋ごと氷水に当て、もったり重くなるまで混ぜる。
  6. ⑥ ①のくるみを加えて混ぜ合わせる。
2. 2.

マスカルポーネ&生クリームを作る。

  1. ① マスカルポーネにはちみつを混ぜ合わせる。
  2. ② 生クリームはグラニュー糖を加えて8分立てにして、1/3量を①に加えてよく混ぜ合わせる。
  3. ③ ②を①に加えて全体を混ぜ合わせる。
3. 3.

バナナは皮をむき、半分に切る。

※動画はいちごサンドを例に説明しています。

4. 4.

角食パン1枚にチョコペーストを、もう1枚にマスカルポーネ&生クリームを塗る。

Point! クリームの塗り方
ごろっと大きなフルーツをはさむ時は、中央にのせてから四隅に向かって薄くなるように塗り伸ばします。耳の方に向かってクリームを少なくすることで切った時に余分なクリームがはみ出すことがなく、また、中央を多くすることでフルーツの隙間に程良くクリームが埋まり、バランス良く仕上がります。なお、チョコペーストはクリームよりも硬いので、中央を少しだけ多くしてほぼ平らに塗ると良いでしょう。

5. 5.

チョコペーストを塗った角食パンの上にバナナを並べる。

Point! バナナの並べ方
バナナは端が交互に外側になるように置くと、分量のバランスが整います。ここでは標準的なサイズのバナナを使用していますが、小さなモンキーバナナなら切らずに1本そのままを3、4本並べたり、大きなバナナならパンのサイズに合わせてカットしたり、サイズに合わせて調整しましょう。

6. 6.

マスカルポーネ&生クリームを塗った角食パンではさみ、上から手のひらでふんわりと押さえてクリームとバナナを馴染ませる。耳を切り落とし、半分に切る。

Point! クリームの馴染ませ方
上側のパンをのせた後、手のひらで食パン全体をふんわりやさしく押さえることで、中央にたっぷり塗ったクリームがバナナの隙間に入り込み、クリームとバナナがしっかりと馴染みます。

Point! きれいにカットする方法
半分に切る時は、チョコペーストを下側にするのがポイントです。チョコペーストが上側だと、チョコがバナナや白いクリームに付いてしまいます。作り方の順番通り、上下を逆にしないように気をつけましょう!

Memo

ピーナッツバターでアレンジ!
ピーナッツバターでアレンジ!
ピーナッツバターでアレンジ!
ピーナッツバターでアレンジ!

バナナとたっぷりクリームの組み合わせは間違いないけれど、もう一つのおすすめはピーナッツバターとの組み合わせです。

ねっとり濃厚な甘味のあるバナナと、コクのあるピーナッツバターは相性抜群。バナナをスライスして、チョコペーストとピーナッツバターと合わせれば、コーヒーに合うちょっと大人のスイーツサンドになります。ピーナッツバターは粒入りタイプを使うと食感のアクセントに。バナナとピーナッツバターの濃厚な味わいには、全粒粉食パンがよく合います。

バナナは好きだけれど甘いサンドイッチはちょっと苦手、という方にはバナナとピーナッツバターとベーコンの組み合わせがおすすめです。初めて聞くと耳を疑いたくなりますが、一度食べればそのおいしさに驚くはず!詳しくはこちらのレシピで。