日清製粉グループ

識るほどに好きになる!フランスパンをもっとたのしむ!フランスパンのおいしい食べ方講座 HAPPY MENU TO YOU!
識るほどに好きになる!フランスパンをもっとたのしむ!フランスパンのおいしい食べ方講座 HAPPY MENU TO YOU!

LESSON
7

バゲットの仲間たち同じ生地から生まれるフランスパンバラエティ

フランスを代表するパンといえば、バゲットを一番に思い浮かべる方が多いでしょう。この講座でもバゲットのシンプルなたのしみ方をいくつかご紹介しています。LESSON.1LESSON.2LESSON.3LESSON.4

フランスの伝統的な食事パンは、小麦粉にパン酵母、塩、水を加えたシンプルな生地で、バゲットだけでなく様々な形状に作り上げるのが特徴です。パン屋さんでじっくりと観察してみてください。同じスティック状でもバゲット、バタール、フィセル、パリジャンなど、大きさや太さが違います。丸型のブールもお店によっては大きいもの、小さいものと種類があります。

生地が同じということは、基本的には同じ味のはずですが、大きさや形によってバラエティ豊かな味わいがたのしめます。細長いものはクラスト(パンの外皮)の分量が多く、クラム(パンの中身)が少ないので、皮の香ばしさや食感をしっかりと感じられます。太いものはその逆で、ソフトなクラムがたっぷりと味わえます。

バリッとしたクラストを最大限生かすのか、やわらかいクラムをたのしむのかで、そのパンの切り方や相性の良い食材の組み合わせも変わります。同じ生地だからと侮ることなかれ。実際に味わいながら自分好みのバランスを探してみましょう!

バタール/フィセルのジャンボン・ブールの作り方

フランスパンで作るサンドイッチといえば、なんといっても「ジャンボン・ブール(Jambon beurre)」。バゲットにたっぷりのバターと上質なハムの組み合わせは、シンプルかつ最高の味わいです。そんなジャンボン・ブールを、バゲットではなく、ずんぐり太いバタールとシュッとスリムなフィセルで作るなら?LESSON.2のバゲットサンドと食べ比べると、いろいろな発見があるはずです。

バタール/フィセルのジャンボン・ブール

<バタールのジャンボン・ブール>

クラムの分量が多いバタールは、ソフトな食感が好きな方に向いています。やさしい味わいのももハムと爽やかな香りのルッコラのシンプルな組み合わせが、もっちりみずみずしいクラムのおいしさを引き立て、お好みでディジョンマスタードを合わせると、味わいが引き締まります。

材料(1人分)
バタール(斜め3㎝スライス)
1枚
無塩バター
10g
ももハム
1枚(25g)
ルッコラ
4g
ディジョンマスタード
適量
作り方
  • バタールは切り込みを入れ、内側にバターを塗る。
  • ももハムとルッコラをはさみ、お好みでディジョンマスタードを添える。

<フィセルのジャンボン・ブール>

細長いフィセルは、香ばしいクラストが堪能できます。しっかりした味わいのコッパをはさんで、噛みしめながら味わうのがおすすめです。オリーブオイルの香り、パルメザンのコク、コルニッションの酸味、そしてクレソンの清涼感。いろいろな香りや味が絡み合って、おいしさが広がります。ワインに合う大人の味わいです。

材料(1人分)
フィセル
1本
無塩バター
12g
コッパ
3枚
パルメザンチーズ
適量
クレソン
3g
コルニッション
(きゅうりのピクルス)
2本
EXVオリーブオイル
適量

※コッパとは、豚の肩ロース肉で作った生ハムのこと。

作り方
  • フィセルは横から切り込みを入れ、内側にバターを塗る。
  • コッパは半分に切って①にはさみ、コッパの上にEXVオリーブオイルを少量かける。
  • ピーラーで薄く切ったパルメザンチーズ、薄切りにしたコルニッション、クレソンをはさむ。

ブール仕立てのシーザーサラダの作り方

丸いフランスパン、ブールの形とおいしさを生かした、パン好きさんのためのサラダです。ブールの切り方、使い方が一番のポイント!食材やドレッシングはお好みのものや冷蔵庫にあるものでアレンジして大丈夫です。いつものサラダが見違えますよ!

ブール仕立てのシーザーサラダ
材料(1皿分)
ブール
1個
ポーチドエッグ
1個
お好みの葉物野菜
(フリルレタス、ロメインレタス、トレビスなど)
適量
ベーコン(短冊切り/ソテー)
適量
シーザーサラダドレッシング
適量
EXVオリーブオイル
適量
パルメザンチーズ
(すりおろす/粉チーズでも可)
適量
粗挽き黒こしょう
少々
作り方
  • ブールを切る。真横から上下に切り分け、上半分を放射状に切る。下半分は側面から10㎜内側にぐるりとナイフを入れて中身をくり抜く。くり抜いた中身は20㎜角に切り、リング状の部分はサラダを盛りつける枠として使う。(下図参照)
  • ①の放射状に切ったブールと角切りにしたブールに、EXVオリーブオイルを刷毛で塗り、角切りにしたブールにはすりおろしたパルメザンチーズをまぶす。200℃に予熱したオーブンに入れ、全体が色づくまで焼く。
  • 器の中央に①のリング状のブールを置く。中に葉物野菜と②の角切りにしたブール、ベーコンをバランスよく盛りつけ、周りに②の放射状に切ったブールを並べる。鋭角側を外に向け、等間隔で並べるとバランスが良い。
  • ③の上にポーチドエッグをのせ、仕上げにシーザーサラダドレッシング、すりおろしたパルメザンチーズ、粗挽き黒こしょう、EXVオリーブオイルをかける。
ブールの切り方 ブールの切り方

プルアパートブレッドの作り方

ブールをシンプルにたのしむなら、こちらがおすすめ!上部に格子状に切り込みを入れてから、チーズをはさんで焼き上げます。切り込みを入れることで、大きなブールが手でちぎって食べられるのがいいですね。ホームパーティの主役になりそうです。

今回のポイント

バタールの切り方
バタールの切り方

バタールでサンドイッチを作る場合は、バゲットのように横から切り込みを入れるだけでは太すぎて食べにくいうえ、はさむ食材に対してパンの量が多すぎます。斜めスライスにしてから切り込みを入れましょう。完全に下まで切らずに、V字状にするのがポイントです。具をはさんだ時に崩れにくいので、食べやすさも◎。

フィセルの切り方
フィセルの切り方

細長いフィセルは、バゲットと同様に横から切り込みを入れます。同じ切り方ですが、バゲットよりもクラストの割合が多めなので、食感や香ばしさをよりたのしめます。

ブールの切り方
ブールの切り方

ブールはクラムをたっぷりと味わえるので、食事パンとして食べやすく、かたいものが苦手な方にもおすすめです。クラストとクラムをバランス良くたのしむなら、放射状にカットしましょう。サンドイッチには向きませんが、カット方法を工夫することで、食卓が華やぐメニューに展開できます。

シーザーサラダの盛りつけ方
シーザーサラダの盛りつけ方

ブールの切り方にこだわるだけで、いつものサラダが遊び心あふれるオシャレサラダに変身します。 たのしみながら盛りつけてみましょう!