パン×具材で、おいしさ無限大! サンドフルレシピ
INDEXへ戻る
ツナカレーのスパイシーサンド
火を使わず、切って混ぜて挟むだけ!忙しい朝でもパッと作れて大満足の簡単サンドです。スパイスが食欲を刺激、夏バテの解消にも。
サンドイッチが水っぽくならないよう、パプリカの余分な水分をきちんととりましょう。仕上げにふるチリパウダーの量はお好みで。お子さまや辛いものが苦手な方は、なくてもOKです。

RECIPE レシピ

<材料> 4個分
食パン(10〜12枚切り)
4枚
パプリカ(赤・黄)
各1/8個
ツナ缶(オイル漬け)
1缶(80g)
マヨネーズ
大さじ2
カレー粉
小さじ1
粗挽き黒こしょう
適量
チリパウダー
適量
バター
適量
<作り方>
1.
パプリカは細かく切り、ボウルに入れて塩をひとつまみ(分量外)ふってしばらく置き、余分な水分を絞る。
2.
すべての食パンの片面にバターを塗る。
3.
ボウルに、油を切ったツナ、1のパプリカ、マヨネーズ、カレー粉、粗挽き黒こしょうを入れて混ぜる。
4.
2の食パン2枚に3を半量ずつのせ、チリパウダーをふる。残りの食パンでサンドし、2つに切り分ける。
今回のレシピにおすすめのパン
食パン

日本でもっとも一般的に食べられているパン。ソフトで口どけがよく、ほのかな甘みと塩けがあります。なお、食パンとは食事パンを総称する日本特有の呼び方で、型にフタをして焼くものを角食パン、フタをしないで焼くものを山形食パンと呼びます。

パンにまつわる基礎知識

レシピ制作
小田美恵/ 日本パンコーディネーター協会公認?パンコーディネーター エキスパート

食育指導士をはじめ、パンに関する数々の資格を有する。パンと料理のアレンジレシピを得意とし、身近な材料で手軽に作れる、おしゃれ心のある料理に定評がある。またフランスでの生活経験を生かしたパンのおいしい食べ方やレシピ提案、フードスタイリングなどにも積極的に取り組んでいる。現在パンのWEBマガジン「BReAD STYLe」にて連載レシピ掲載中。

日本パンコーディネーター協会

STYLE de TABLE