パンとお散歩をもっとたのしむために たのしさのレシピ 個性あふれるナビゲーターたちが、オリジナルのレシピをエッセイとともにをお届けします。
豆とグリル野菜のバゲットサンド

山戸ユカ

今回のたのしさナビゲーター
山戸ユカ/料理研究家

玄米菜食とアウトドア料理を得意とする料理研究家。井の頭の自宅で cha.na 料理教室を開く。著書に「山戸家の野菜ごはん」シリーズ全3部(マーブルブックス)、「1バーナークッキング」(大泉書店)。アウトドアユニットnoyamaとしても活動し、共著に「つながる外ごはん」(小学館)がある。

料理にまつわる日々のこと

たのしさのレシピ一覧へ

豆とグリル野菜のバゲットサンド

外で食べると美味しい理由。

外でごはんを食べるとなんで美味しいのだろう?

山登りやキャンプをライフワークとしている私は
外でごはんを食べることが多いのですが、
毎回そんなことを考えてしまいます。

じっくり時間をかけて作るダッチオーブンや焚火料理はもちろんのこと、
適当に切った野菜にごま油と塩をふって食べる簡単なおつまみだって
家で食べるよりも3割増で美味しく感じるのは、
外という環境がそうさせているとしか思えません。

9月に入り朝晩が少し涼しくなってくると、
無性に外でごはんが食べたくなります。

この日も旦那をさそって近くの河原までぶらりブランチ。
前日に買っておいたバゲットに
バーナーで軽く炒めた野菜と豆をはさむだけの簡単サンドイッチですが、
家で作ってくるよりもその場で調理した方が断然美味しい!

食後にミルで挽いたコーヒーを丁寧にドリップすれば、
どんなカフェやレストランでも食べることのできない
特別なブランチになります。

旦那と2人、美味しいね、楽しいね。と話していたら、
「そうか、外で食べるごはんは、その場に一緒にいる人や、
まわりの木々の気まで一緒に食べるから美味しいんだ」
とやっと気付く事ができました。

近くの河原までのお散歩も、
大好きな人と美味しいサンドイッチがあれば、
何倍も素敵なスペシャルイベントになるはずです。

さてみなさんは誰とお散歩パンしますか?

豆とグリル野菜のバゲットサンド

<材料>

ピーマン 1個(スライス)
赤パプリカ 1/2個(スライス)
ミックスビーンズの水煮 1/4カップ
オリーブオイル 小さじ1
塩・こしょう 少々
バゲット 1/2本
練りゴマ 適量
豆とグリル野菜のバゲットサンド

<作り方>

  1. 1.バゲットに切り込みを入れ、内側に練りゴマを塗る。
  2. 2.フライパンにオリーブオイルを熱し、ピーマンとパプリカを入れてしんなりするまで炒める。
  3. 3.2 にミックスビーンズを加えて軽く炒め合わせ、塩・こしょうで味をととのえる。
  4. 4.1 のバゲットに 3 をはさむ。