誰でも簡単!知っていると役に立つ パンを使った基本レシピ お料理が苦手でも大丈夫!いろいろなパンのたのしみ方をマスターできます。

ドイツパンで作るカナッペ

基本は、塗って、のせて、トッピング。ドイツパンのカナッペを紹介します。

ドイツパンをおいしくいただくには、お好みの具材をのせていただくオーブンサンドがおすすめです。
まず、チーズやバターなどの乳製品をひとぬり、次に魚やハムなどのメインを、最後にレモンやハーブなどのアクセントをのせる、というステップで。

パンのほどよい酸味にスモークサーモンの濃厚な旨味がよく合います。 スモークサーモンのカナッペ
Recipe:
スライスしたシンケンプロートにバターを塗り、スモークサーモン、レモンをのせる。
お好みでディルをトッピングする。
ビールやワインがすすむ2品。レバーにはにんじんの爽やかな甘みがベストマッチ。 レバーとハムのカナッペ
Recipe:
(奥)スライスしたシンケンプロートにレバームースを塗り、にんじんサラダをのせる。
(手前)スライスしたシンケンプロートにバターを塗り、お好みのハム・ソーセージをのせる。
果肉入りのリッチなドイツパン+マスカルポーネは、自然な甘さでケーキ気分。 マスカルポーネのカナッペ
Recipe:
スライスしたカーラントローフにマスカルポーネチーズをぬる。
お好みでチョコレートをのせる。
上に戻る
Column パン食系女子の日常

おひとり様パン食系女子 ドイツパンカナッペを食べながら部屋でゆっくりと。

土曜日は、おひとり様で「お家バー」。

慌しく過ぎ去った年末・年始。
友達とばっかり遊んでいたら、家でしなきゃいけないことが沢山増えてきた。

来月、女子3人で行く旅行の計画。
大好きな作家の新刊は、まだ50ページも読んでない。
部屋の模様替えもしたい。

今日は、そんな「やらなきゃリスト」を午前中に書いて半分くらい片付けた。
少し疲れたから、今晩はひとりでゆっくりと食事を作る。

最近凝っているパン屋巡り。
昨日、ドイツパンのおいしいお店を見つけたから
その時に買った、ロッゲンブロートでカナッペを作る。

ロッゲンブロートは酸味が強いから 薄くスライスして食べやすくする。
バターを一塗りして全体の味のバランスを整える。
まずはスモークサーモンとレモンをのせて ワインと共に食事を始める。

今日はテレビとパソコンの電源をOFFにする。
部屋の照明を少し落として、ゆっくりとしたテンポのBGMをかけて
リラックスしながら食事をする。

いつもは慌しく済ます食事だったせいか
今日は何だか、スモークサーモンの旨みとレモンの酸味がしっかりと感じられる。

次はレバームースとにんじんサラダをのせる。
ムースに入れた生クリームがレバーのくせを消して コクの深い味わいが楽しめる。

もぐもぐしながら、
「やらなきゃリスト」を眺める。

ベッドの位置をもう少し変えたいな。
明日、お気に入りの雑貨屋に行ってドレッサー周りの小物を買おう。
あの小説に登場する女の子って、大学時代の私に似てるな。
とか、そんな事をとりとめもなく考える。

最後はデザート代わりに
マスカルポーネとチョコレートをのせる。
滑らかで濃厚なチーズの味わいとチョコレートの相性が良い。

ドイツパンのカナッペを食べながら、
時間を少し忘れて、のんびりした食事を楽しむ。

上に戻る

関連コンテンツ