日清製粉グループ

もぐもぐ会議 第8回 #01 ゴスペラーズ 酒井雄二さん もぐもぐ会議 第8回 #01 ゴスペラーズ 酒井雄二さん

パンラボ池田浩明が毎回ゲストをお迎えし、お気に入りのパンを “もぐもぐ” しながらパンについて語る座談会。
表の顔はゴスペラーズのメンバー。その一方、地方でしぶとく生き残る「ローカルパン」を探し歩く「ローカルパンハンター」の顔を持つ酒井雄二さんが、「もぐもぐ会議」史上に残る神回となった第1回につづいて再降臨!今回は、日本各地のローカルパンを実食、深すぎる泥沼へとさらにずぶずぶはまってみる。前編ではローカルパンハンターがセレクトしたローカルパンを実食!ターゲットはローカルパンの黄金郷、東北だ!

酒井雄二さん

酒井雄二さん(ゴスペラーズ)

北山陽一、黒沢薫、酒井雄二、村上てつや、安岡優からなるヴォーカル・グループ、ゴスペラーズのメンバーとして、1994年12月21日、シングル「Promise」でメジャーデビュー。以降、「永遠(とわ)に」「ひとり」「星屑の街」「ミモザ」など、多数のヒット曲を送り出す。他アーティストへの楽曲提供、プロデュースをはじめ、ソロ活動など多才な活動を展開。日本のヴォーカル・グループのパイオニアとして、アジア各国でも作品がリリースされている。

オフィシャルサイト
Gostudio http://www.5studio.net/
GosTV http://www.gospellers.tv/

  • blog
  • tw
  • blog
  • tw

ネオトースト(岩手・シライシパン)

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

パッケージにマスコットキャラクターがついてますよね。シライシ坊やっていうんです。この裏側を見ると、「シライシ坊やからひとこと」という欄があり、うんちくを一つ言ってくれるんですよ。

池田浩明池田浩明 池田浩明

本当だ! ハンターは細部も見逃さないですね!(笑) 「ネオトースト」から食べましょうか。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

シライシ坊やによると「昭和30年代に誕生したシライシのロングヒット商品だよ」(坊やっぽい声で)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

酒井さんが坊やのアテレコかましてくれた!(笑) シライシパンさんは涙ものじゃないですか?

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

僕はパッケージに「ロングセラー」とか言葉があると必ず食べるんです。なぜこれが昭和30年から生き残っているのかを知りたいっていう気持ちが芽生えて。それをTwitterにあげたりすると、「小学生の頃から食べてました」みたいリプが、幅広い年代から来るんですよね。

池田浩明池田浩明 池田浩明

ロングセラーって、みんなの共通体験な訳ですからね。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

これ、中身にマーガリンがはさまってるのに、表にもマーガリン。2枚をどう食べてもいいっていうことなんですよね。

池田浩明池田浩明 池田浩明

なるほど、サンドイッチのようでもあり、2枚入りのようでもありっていう。微妙にどっちつかずのところをいってますね。社内の世渡りが上手い人が、ちょっと前かがみで歩いていますよね。常にお辞儀しているように見えるように。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

全方位な感じで(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

おっしゃるように1枚ずつばらして食べてもいいわけですが、2枚重ねて食べるってところを尊重したいですね。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

銀座ウエストのパンケーキ2枚のやつを、重ねたまま食べている気持ちですよね(笑)。このジャリっとしたお砂糖が、いい意味で想像通り。定番というか、これがないと困るっていう位置にあるんですよね。

池田浩明池田浩明 池田浩明

今の酒井さんのご発言は、逆にネオトーストを言い尽くしていると思います。クリーミーなものに砂糖をまぶしましたと。想像通りの味で「うんおいしいよね、知ってる知ってる」っていう、何も前進はしていないんだけれども、そこの確認がなにかすごくいいことしたという感じがある(笑)。

焼いてないのに「トースト」

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

すごく気になっているのが、焼いてないのに「トースト」というネーミングなんですよね。

池田浩明池田浩明 池田浩明

たしかに焼いてない!

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

そこが長年引っかかっていて…(笑)。この後工藤パンさんのイギリストーストも出てきますが、奇しくも同じ山型食パン8枚切りでトーストを名乗っていて、トーストしていないっていう(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

このライバル関係っていうのはどうなっているんでしょう。お互いに意識し合う存在なんですかね。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

もう一個、秋田のたけや製パンの「アベックトースト」っていうのもあったな。そういうトーストサンド系ともいうべき、ローカルパンが東北各地にあるんですね。

豆パンロール(岩手・シライシパン)

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

豆がゴロンゴロン入っているうれしさ。それにとどまらず、マーガリンも塗っているのはオリジナリティがある。

池田浩明池田浩明 池田浩明

あんバターの進化系ですよね。これ金時豆だと思うんですけど、あずきとちがって土っぽい香りがあるから、東北っていう風土と相まって、すごくいいものだなって。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

そうなんですよね。東京では買えなくて、東北行ったときじゃないと食べられないっていうところがまたいいんですよ。

池田浩明池田浩明 池田浩明

これ、買いたくなりますね、東北行ったら。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

震災直後とかに、被災地をツアーで回ったりしたときの思い出と、豆パンロールが絡み合っていて、なんか切なくもなるんですけどね。

池田浩明池田浩明 池田浩明

僕も被災地に行ったときに、避難所になっている小学校の体育館にシライシパンのトラックがよく停まってたんですよ。震災直後の食べ物がないとき、被災地にパンを運んで、それで被災者の方は飢えをしのいでいた。シライシパンはそういうすごいこともされていた。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

ローカルパンがライフラインというか、命綱の役割を果たした。すごい話ですね。

イギリストースト(青森・工藤パン)

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

バリエーションの数が群を抜いてるんです。毎月ぐらいのハイペースでどんどんニューテイスト出してくるんですよ。

池田浩明池田浩明 池田浩明

そうなんだ!

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

もう正直、全貌は僕もわからない(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

シュガーマーガリンが2枚の食パンにはさまっていて、ジャリジャリしているのが基本形ですね。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

でも、現在はもっとジャリ増しになっているんですね。以前は基本形と、色ちがいのジャムがあるぐらいでしたが…。

池田浩明池田浩明 池田浩明

今はもう、「コーヒー」やら「小倉」やら…。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

それどころじゃなく、イギリスフレンチトーストとか。

池田浩明池田浩明 池田浩明

イギリスなのか、フランスなのか、どっちなんだ?(笑)

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

太宰治とコラボした、『人間失格』や『走れメロス』までありますから(「人間失格カステラサンド イギリストースト風」と「わいはっ! 走れメロンパン」)(笑)。

「焼く派」「焼かない派」論争

池田浩明池田浩明 池田浩明

この食パンは、さく味(さくさく感)がありますね。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

わりとドライな印象のパンだから、このマーガリンが「待ってました」ってなる。

池田浩明池田浩明 池田浩明

うるおいと乾きのコンビネーション。今日はカレーだから水分少なめでごはん炊いたよみたいな、そういう感じがありますね。

スタッフスタッフ スタッフ

私、出身が青森なんですが、地元だとトーストして食べる人もいるんですよ。

池田浩明池田浩明 池田浩明

それは、新説ですね!

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

「トースト」ってネーミング、ひょっとして「焼いてね」ってことなんですかね!?

スタッフスタッフ スタッフ

中の砂糖がじゅわっと溶けて、上が本当にトーストになった状態のものを食べてたんです。それがおいしいと思います。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

でも、焼くと砂糖が溶けて、ジャリ感の意味がなくなりますよね。

スタッフスタッフ スタッフ

派閥に分かれます。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

焼く派と焼かない派で論争が行われてるんだ!(笑) どれぐらいの割合ですか?

スタッフスタッフ スタッフ

我が家の統計だと、焼く派と焼かない派が3:2です。5人家族なので(笑)。

ベタチョコ(山形・たいようパン)

池田浩明池田浩明 池田浩明

ベタチョコの魅力ってなんですか?

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

コッペパンを割って、パカッとした面をチョコにべたっと浸すという、ダイナミズムです(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

また、チョココーティングのパリパリ1枚下のクリームふにゅふにゅがたまんないですね。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

僕知らなかったんですけど、こんなにバリエーションあるんですね。「いちご」「ミルクケーキ」…。

池田浩明池田浩明 池田浩明

ミルクケーキ!

スタッフスタッフ スタッフ

山形銘菓の「おしどりミルクケーキ」とのコラボ商品なんです。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

「プレミアム ベタチョコ」がある! ベルギーチョコが乗っている。包装もビニールではなくアルミフィルムで、高級感ありますね。しかも、要冷蔵っていうパンもあんまり見たことない(笑)

池田浩明池田浩明 池田浩明

勝負かけてますね。きっと社内の会議で営業部の反対押し切ってますよ(笑)。

スタッフスタッフ スタッフ

「ベタチョコ」が140円、「プレミアム ベタチョコ」が300円です。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

倍以上。すごい! こっちの「ベタチョコ チョコミント」やばくないですか?

池田浩明池田浩明 池田浩明

おしゃれ! ベタチョコ女子なら「きゃーっ!」てなると思うんですよ(笑)。「あのベタチョコにミント出た!」ってことなんですから。

いも煮カレーパン(山形・たいようパン)

池田浩明池田浩明 池田浩明

山形名物・芋煮がカレーパンになりましたよ!

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

スパイシーな、ちょっと今どきのカレーで。で、里芋が出てきたときにうれしさがありました。「ちゅるん」っという感触が。

池田浩明池田浩明 池田浩明

芋煮って、カレー味あるんですか?

スタッフスタッフ スタッフ

芋煮は三段落ちとされていて。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

三段落ち!

スタッフスタッフ スタッフ

まず普通に醤油味で食べ、その後カレールーを入れてカレー汁として食べ、その後うどんを入れて、カレーうどんとして最後に食べるんです。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

芋煮カレーって、「雑炊で〆ようか」みたいなことなんですね。

池田浩明池田浩明 池田浩明

つまりこれは芋煮第2形態をカレーパンにしたと。あるいは、うどんの役割をパンが担っているという言い方もできる。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

なるほど、そういう意味では第3形態かもしれないですね。芋煮カレーを炭水化物と一緒に食べられる状態。

池田浩明池田浩明 池田浩明

芋煮が名物だからノリでカレーパンにしちゃいましたぐらいの軽さかと思ったら、地元の文化に根付いた夢の商品ですよね。特別な日にしか食べられなかったあの味が、いつでもコンビニで買えちゃいますみたいな。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

「これを県民みんなが食べてるんだなあ」というところから、妄想の扉が開くんですよ。ベタチョコのとき女子高生が『きゃーっ!』て言うのかなあっていう妄想で盛りあがったでしょう。そういうことなんですよね。

ローカルパンが開く妄想の扉

池田浩明池田浩明 池田浩明

じゃあ、ベタチョコはどんなふうに誕生したと思いますか?

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

たとえば、ポテトチップスって、「ポテトフライをもっとカリカリに揚げてくれ!」って客に言われたレストランの店主が頭にきて、「これどうだ!」って薄々に切って揚げたらおいしかったっていうのが、発祥らしいです。

池田浩明池田浩明 池田浩明

そうなんですか!

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

ベタチョコも最初は普通のチョココッペだったのではないかと。が、「チョコが少ねえな!」って言われて、「なにを! これでどうだ!」ってベタってチョコつけたんじゃないかって(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

やけくそでね。ありえるかもしれないですね(笑)。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

あとはもうチョコの中にフォンデュするぐらいしかないぞっていう。もう半フォンデュですよね(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

フォンデュへのロマンってありますもんね。浸すことのロマン(笑)。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

素敵なパーティーでフォンデュするっていう贅沢があるのだから、あんな風にベタしてもいいかもしれないですよね(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

ベタチョコパーティー(笑)。

酒井さん 酒井雄二さん酒井雄二さん

溶かしたチョコが用意してあって、みんなでもう好きなだけベタれる(笑)。

池田浩明池田浩明 池田浩明

ローカルパン愛好家の夢が叶いますよ!(笑)

気になっていたローカルパンを選んでみると、なぜか東北に集中!ご当地ならではのパンから、その土地の文化が垣間見えました。旅行に行ったらその土地のパン屋さんや、地元のスーパーをのぞいてみて!

今回の対談で試食したパン

  • シライシパン(ネオトースト、豆パンロール)
  • 工藤パン(イギリストースト)
  • たいようパン(ベタチョコ)

池田浩明さんプロフィール

池田浩明

池田浩明

パンラボ主宰、ブレッドギーク(パンおたく)。東においしいパン屋があると聞けば行ってパンを食べ、西にすごいパン職人がいると聞けばその声に耳を傾け、南に偉大な小麦農家ありと聞けば、土を掘り返し、小麦をむしゃむしゃ頬張る。

著書に『サッカロマイセスセレビシエ』『食パンをもっとおいしくする99の魔法』『空想サンドウィッチュリー』『パンの漫画2 さすらいのクロックムッシュ氏編』(以上、すべてガイドワークス刊)、『パンソロジー』(平凡社)、編著に『パンの雑誌』(ガイドワークス刊)、『おかしなパン』(誠文堂新光社)、『日本全国 このパンがすごい!』(朝日新聞出版)。

  • blog
  • tw