日清製粉グループ

コッペパンに夢中なパン食系女子に贈る。愛しのコッペパン特集 気になるお店のこだわりや人気メニューをパンコーディネーターが聞きました! コッペパンに夢中なパン食系女子に贈る。愛しのコッペパン特集 気になるお店のこだわりや人気メニューをパンコーディネーターが聞きました!

vol04.福田パン 長田町本店【岩手県・盛岡市】 vol04.福田パン 長田町本店【岩手県・盛岡市】

photo01

今年で創業70年を迎える「福田パン」は、盛岡では知らない人のいない、地元に愛される老舗パン店です。週末ともなれば、地元だけでなく、全国各地からたくさんのお客さまがつめかけます。

コッペパンを横にカットしてお客さまの好きなフィリングをその場で手早く塗る販売方法は、いまでこそコッペパン専門店の定番となりましたが、本来は昔懐かしい昭和初期のパン屋さんのスタイル。当時はパンの種類も少なかったため、フィリングを変えることで多品種にするということが珍しくありませんでした。

「福田パン」の代名詞ともいえる「大きなふかふかのコッペパン」は、創業者である、現社長・福田潔さんのお祖父さまが、戦後、岩手大学の学生のために「1つでおなかいっぱいになるコッペパンを」と作ったのがはじまり。コッペパン1個と牛乳1本で、ごはん2膳とお味噌汁1杯と同カロリーになるように考えられているそうで、この地ではコッペパンがおにぎりのような身近な主食として生活に根づいてきたことがうかがえます。


コッペパンの特徴

「福田パン」のコッペパンの特徴は、なんといっても前後・高さともに大きくふっくらとしたボリュームと、噛んだ瞬間に唇までやわらかく包み込まれるような圧倒的な弾力。ただやわらかいだけではないふかふかとした食感は、ほおばるだけで幸せな気分になります。この独特の食感は、創業当初から変わらない独自の中種法を用いた製法から生み出されているそうです。

具をはさむ前のサイズ

  • 長さ×太さ×高さ : 約17cm × 約9cm × 約6.5cm

お店のこだわり

コッペパンの特徴にも書いた通り、大きくてふかふかの、1個食べるとおなかいっぱいになるコッペパンが一番のこだわりです。地元の学生さんがいつでも買いやすいように、材料の高騰があってもできる限り値段を変えず、手頃な価格のままで売り続けています。毎日、岩手県の人口の約100人に1人が「福田パン」のコッペパンを食べているという事実からも、「福田パン」のコッペパンは地元岩手のソウルフードであることがわかります。

コッペパンの種類

常時50種類。フィリングの組み合わせ次第では1000種類を超えます。

人気メニュー

『あんバター』159円(税込)

あんバター

甘さ控えめのこしあんと、バター入りマーガリンをたっぷりと塗った、やさしい味わいの定番コッペパン。こしあんの素朴な甘みとコクが絶妙なバランスの飽きのこない味わいです。

お食事系のおすすめ

『コンビーフ&たまご』278円(税込)

コンビーフ&たまご

しっかりと味つけされたコンビーフフィリングとやさしい味わいのたまごサラダがベストマッチ。どっしりとした重量感もあり、食べ応えがあります。

『オリジナル野菜&チキンミート』393円(税込)

オリジナル野菜&チキンミート

みずみずしいシャキシャキ野菜と、ピリッと効いたからしマヨネーズ味の鶏そぼろがよく合い、お弁当を食べたような満足感があります。

おやつ系のおすすめ

『クッキーバニラ&コーヒー』169円(税込)

クッキーバニラ&コーヒー

下面にはサクサク食感のクッキーバニラクリーム、上面にはほろ苦いコーヒークリームを塗ったミックスバージョン。思わずコーヒーが欲しくなる一品です。

『ジャムバター』139円(税込)

ジャムバター

人気のあんバターに次ぐロングセラー商品です。いちごジャムとリンゴジャムをミックスしたオリジナルのジャムに、バター入りマーガリン。酸味とコクのバランスが◎です。

コッペパンファンにひとこと!

「以前は、コッペパンだけのお店は他にありませんでしたが、いまは同業者も増えて嬉しく心強く思います。お客さまには自分の好きなコッペパンを見つけてたのしんでいただきたいですし、ぜひ盛岡にも観光を兼ねて遊びにいらしていただければと思います」


見た目も味も素朴で無垢なコッペパンは、だからこそ中に塗ったりはさんだりして、いろいろなたのしみ方や組み合わせ方が無限にできる、まるで「おにぎり」のように幅広い人に愛される存在です。パンは伝来品ですが、脈々と続く日本の歴史と文化の中で生まれたコッペパンは、いつか岩手だけでなく日本のソウルフードのひとつになる日が来るのかも知れません。

店舗情報

店舗風景 店舗風景

福田パン 長田町本店

住所 :
岩手県盛岡市長田町12-11
TEL :
019-622-5896
営業時間 :
7:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日 :
お盆、年末年始

この記事を書いた人

稲垣智子

稲垣智子

(一般社団法人 日本パンコーディネーター協会代表)

学生時代に出場したテレビ東京 テレビチャンピオン「パン通選手権」での準優勝を機にベーカリー業界へ。スターバックス コーヒー ジャパン(株)の商品開発を経て2007年に一般社団法人 日本パンコーディネーター協会設立。著書に『毎日食べたいごちそうパン料理』( 河出書房新社)、『知識ゼロからのパン入門』(幻冬舎)、共著に「ゼロから始める個性派ベーカリー」(グラフィック社)など。

  • Twitter
  • 日本パンコーディネーター協会

※掲載されている内容は2018年1月18日現在の情報です。