パン食系女子のパンにまつわる基礎知識

ドイツパンをおいしく食べるコツ

ドイツパンのスライスの厚さは、ライ麦比率と反比例する。

国によって、パンの個性はいろいろですが、食物繊維が豊富でヘルシーなパンといえば、ドイツのパンです。ドイツは、実はフランスに負けず劣らずのパンの国。1人あたりの年間消費量はヨーロッパトップクラスで、各地方に伝わるパンの種類は1000を越えるといわれます。代表格は、やはりライ麦パン。初心者でもトライしやすい食べ方はオープンサンドですが、おいしくいただくためにはちょっとしたコツが必要です。

1つ目のコツは、「ライ麦の比率が高いほど薄くスライスする」ということ。ドイツパンは味の指標として「ライ麦比率○○%」と表示されることが多く、比率が高ければ重たい生地で酸味も強め、比率が低ければ比較的ふわっと軽い生地で酸味も弱め、と想像ができます。重たい生地ほど薄めにスライスした方が食べやすいため、あくまで目安ですが、ライ麦100%なら4~5mm、60%なら10mm前後、20%なら17~18mm程度の厚さがいいでしょう。

そして2つ目のコツは、パンに「乳製品をひとぬりする」ということ。バターやチーズの脂肪分が酸味をやわらげ、全体の味のバランスを整えてくれます。あとは、お好みの具材をトッピングし、仕上げにレモンやハーブをプラスすれば味のアクセントになります。

ところで、複雑に見えるドイツパンの名前ですが、実は単語のシンプルな組み合わせでできています。「ブロート」は「パン」、「ロッゲン」は「ライ麦」、「ミッシュ」は「混ぜる」。たとえば「ミッシュブロート」なら「(ライ麦粉と小麦粉を)混ぜたパン」となります。名前の意味がわかるようになると、パン屋さん巡りがますます楽しくなりますね。

関連するレシピ

パンにまつわる基礎知識コンテンツ

  • フランスパンの種類
  • フランスパンの目利き法
  • フランスパンの切り方
  • フランスパンがお酒に合う理由
  • パン・べキューとは
  • パンと他の主食との最大の違い
  • 残ったパンのおいしい食べ方
  • 各国のパンの個性
  • ドイツパンをおいしく食べるコツ
  • イタリアパンが薄味な理由
  • パン食系女子の基礎知識テスト
  • パンの基礎知識へ戻る